カルバマゼピンが脳に働く作用

カルバマゼピンとは、脳内の神経組織に働きかけて興奮症状を鎮める薬です。
カルバマゼピンを主成分とする薬に「テグレトール」があります。
テグレトールは脳神経の中枢に作用して、てんかん、躁(そう)病、三叉神経痛の治療薬として使用されています。

カルバマゼピンは「Naチャネル阻害薬」に分類されている薬です。
脳の病気の一種であるてんかんは、神経細胞で電気刺激が起こり興奮が伝わることによって引き起こされます。
この電気の発生にはイオンが関与しており、神経細胞が興奮する際にはNaイオン、Caイオン、Clイオンが関与しています。
プラスの電荷を帯びているNa+やCa2+が、興奮性のシグナルです。
マイナスの電荷を帯びているCl-が、抑制性のシグナルとなります。
私たちの細胞内は通常マイナスの電荷を帯びていますが、刺激によってプラス電荷が入ってくることによって細胞内が少しずつプラスへと近づいていくことがあります。
そして一定を超えるとプラスへと転換して神経細胞に興奮が伝わりますが、これを専門用語で「脱分極」と呼んでいます。
てんかんでは、これらの電気刺激が突発的に起こり異常放電が起こりてんかんが引き起こされるのです。
カルバマゼピンは、神経を興奮させる作用を持つNaイオンが流入しないように抑制する働きをしています。
Naイオンは「Naチャネル」と呼ばれる通り道を通って細胞内に流入してくるのですが、この通り道を阻害することで神経の過剰興奮をおさえます。

しかし、脳の神経系組織に働きかける薬ですので様々な副作用をもたらす可能性も事実です。
他の薬剤と併用して使用するケースでは、組み合わせによっては作用を強めたり効果を薄めたりすることも認められています。
テグレトールの服用に関しては正しい知識を持った上で服用する事が非常に重要ですので、専門医の元で処方・服用を行いましょう。

テグレトールの正しい飲み方が詳しく解ります>
<おすすめのラミクタール

トップページへ