カルバマゼピンは意識障害などの治療や予防を行います

カルバマゼピンは歴史の長い精神と神経用剤で、てんかんやてんかんに伴う精神障害やてんかんの痙攣発作や強直間代発作などの各種てんかんに効果のある薬です。また、応用として躁病や躁うつ秒の治療にも使われる気分安定薬です。
カルバマゼピンは、眠気を催したり注意力や集中力などの意識や反射運動能力が低下する可能性がありますので、飲む際には車の運転などの作業はしないようにしましょう。特に、強直間代発作は突然意識がなくなり全身の強直性痙攣して硬直しますので、思わぬ事故に発展する可能性が高く注意が必要です。また、服用している時の妊娠出産については医師と相談して、計画的に行うことで安全性の向上が見込めます。
カルバマゼピンの飲む量や回数はきちんと守り、少量から始めて効果や副作用を調べながら量を増やしていくのが一般的です。効果が出るまでには、1ヶ月程度の時間がかかります。長期間服用するものですので、医師の指示に従って飲み続けることが大切です。自分の判断で飲むのを勝手にやめてしまうと、重い痙攣発作を起こることがありますので注意が必要です。
カルバマゼピンの副作用は、眠気や眩暈やふらつきや立ちくらみや意識障害や意識朦朧となり、気を失うこともあります。他にも、ふるえや脱力感や吐き気や食欲不振や発疹や蕁麻疹や目のかすみなどがあります。
副作用の症状が強い場合は、早めに医師に相談して服用量の調節などを行いましょう。また、定期的に検査を受けてカルバマゼピンの効果や副作用について調べてもらうのが良いでしょう。
カルバマゼピンは、治療だけでなく症状の発症を抑える予防効果もありますので、定期的に服用して症状の発展を妨害するのが良いでしょう。

トップページへ